健康を維持するための健保の意義とは

健保とは健康保険の略称であって、病気のための保険です。しかし、お金がない人は保険が払えないので、国が支えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
健康を維持するための健保の意義とは

健康のための健保の意義

保険としての健保の正式名称は、健康保険であります。健康保険は病気などで体に何かあったときのために、会社や国に定められている毎月の保険料を支払って、医療を受けるときに医療費の3割で診療や治療を受けられる保険であります。国の保険に関しては、公務員や会社の社会保険に入っていない人以外は、原則的に強制加入となります。例外として、一定年齢以上の高齢者の医療費の負担の割合は、現役の世代の負担の割合を比較して低く、医療費の1割から2割の負担として医療を受けられる特別な規則を定めています。最近では、仕事がなくて保険に加入していない人も大勢います。その人たちはお金を持っていないので、大きな病気を起こした場合は、全額自己負担になりますが、当然のように医療費を支払うことができないので、病気で倒れた時に総合病院に搬送されて、病院側が医療費を請求する事となった場合は、国を相手に搬送された人の医療費を支払う事となります。

体に病気を抱えている人が働けなくて、生活に困っている場合は生活保護を受給する事が可能であって、医療費も無料になる事が法律に記されています。生活保護は、人間が生きる上での最後のセーフティネットであって、人間として受ける権利でもあります。人間は健康が最も重要であって、病気になった場合で医療にお金を当てられない場合は、事前に生活保護を受けて病気を治した方が良いです。決してやっていけない事は、お金がないままで医療費を受けられず、放置しておいた状態で末期のガンに侵されていたというパターンです。人間は普通の生活を送る上で、病気でお金が支払われない場合は、国が積極的にお金を出して生活の支援をしてあげるのが人徳です。

人間が健全な生活を送るためには、お金が必要であることが必須の条件であるが、それ以上に周辺の住民の支援と心遣いは重要となります。地域のみんなが、人を思いやれる人間になれるように努力していかなかなければならない事です。
Copyright (C)2021健康を維持するための健保の意義とは.All rights reserved.