健康を維持するための健保の意義とは

私の会社で加入している健保は東京薬業健康保険組合です。協会けんぽと比べて健康保険料も安く、特典がある保険です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

健保の健康に関する取り組み

私の会社で加入している健保は東京薬業健康保険組合です。親会社が医薬品関係の会社でグループ企業ということで加入することができました。保険料は協会けんぽよりも安いです。協会けんぽは毎年のように保険料が上がっていましたが、東京薬業健保は毎年ではなく、何年かに1度のペースで上がっていきました。もともとの保険料率が協会けんぽよりも低いので非常に助かっています。また、いろいろな補助を受けることが出来ます。

まず、健康診断がかなり安い金額で受けられます。契約している医療機関で受けると、被保険者だけでなく、扶養家族も一般検診で1,500円、生活習慣病検診でも3,000円で受けることが出来ます。検査項目は協会けんぽより少し少ないものの、健康診断の申し込み等も非常に簡単です。協会けんぽは先に病院に予約して日程を決めてから、こちらから協会けんぽに名簿を作成して送ってからの申し込みでしたが、東京薬業健保は組合から総合検診利用書が届くので、直接医療機関に予約を入れるのみで申し込みが完了します。また、婦人科検診が乳がん検診と子宮がん検診のセットで1,000円で受けられます。協会けんぽには補助は何もなかったので、両方受けると6,000以上かかりました。

また、インフルエンザの予防接種の補助が被保険者のみでなく、家族にも毎年1回1,500円出ます。協会けんぽにはインフルエンザの予防接種の補助はありませんでしたので、保険料でも補助の面でも非常にいい健康保険だと思いました。
Copyright (C)2021健康を維持するための健保の意義とは.All rights reserved.