健康を維持するための健保の意義とは

健康のために入っておく健保では、怪我や出産で会社を休んだ時の給付が受けられます。6割程度もらえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康のために入る健保で会社を休んだ時の給付

怪我をして入院をすることになりました。入院の予定としては1箇月ほどになりそうとのことでした。会社の人も心配してお見舞いに来てくれました。来てくれるのは非常にありがたいのですが、こちらとしても仕事を休まなければいけない、自分の仕事がどうなっているかが気になる事があります。上司に聞いた所、上司が代われるところは代行してもらえるとのことでした。できるだけ早く復帰をして、仕事をしなければいけません。慌てずゆっくり治療をします。

会社の人事担当者から、給料についてどうするか言われました。有給休暇が30日ほどあります。1箇月の出勤日数は20日です。全て有給休暇で使えば通常通りの給料などをもらうことができます。もちろん有給休暇は減ります。それ以外には、健保から給付を受けることができるとのことです。傷病手当金と呼ばれるもので、だいたい給料の6割程度がもらえるとのことでした。税金もかかりません。これならこちらのほうが良いとも思いました。

同様の給付は、出産のために休む場合も受けられます。産前産後において休むことがあります。この時も給料はなしにしてもらうことで、6割程度の給付を受けることができます。健康になるための給付と言えると思います。申請などは会社に行ってもらうことになるので、常に会社と良好な関係を維持できるようにしておきます。選択肢があるときには、別の選択肢を選ぶことができるようにしてもらうのも、日頃の行いが影響しています。
Copyright (C)2021健康を維持するための健保の意義とは.All rights reserved.