健康を維持するための健保の意義とは

健康になるために健保に入っていると、医療費が高額になる時事前に認定してもらう制度を利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康のために入る健保では医療費が高額になりそうな時の認定

健保の制度の中に、高額療養費と呼ばれるものがあります。家族などにおいて、1箇月に医療費がかかった時一定額以上にならないようになるものです。100万円近くかかるような場合でも、最終的には10万円ぐらいに抑えられることがあります。便利で助かる制度になります。こちらに関しては、通常は、一旦正規の金額を支払うことになります。つまりは、100万円ぐらいを用意しないといけないことになります。これは大変なことです。

貯蓄があれば一旦取り崩して、後から戻してもらうこともありますが、貯蓄がない場合は借り入れなどを利用しなければいけないこともあります。健康になるまでにお金の負担が大変そうです。そこで、特別な制度が設けられています。それは、事前に認定してもらうことによって、支払いをしなくて済むようになるものです。入院などになると、金額が大きくなるのが事前にわかります。認定証を提示すると、支払額が限度額までになるのです。

入院などをすると、自分で申請などができなくなることもあります。ですから、入院前などに申請をしておきます。会社が申請をしてくれることもありますから、聞いておくようにしましょう。書類などについては、会社のほうで用意してくれていることがあります。短期的なものであれば、良いですが、長期的なものになると何度も申請をしなければいけません。いくつかの医療機関を利用するときには、また別途の支払いをすることになります。
Copyright (C)2021健康を維持するための健保の意義とは.All rights reserved.