健康を維持するための健保の意義とは

健保が、10月10日に合わせて、目の健康についての案内を出していました。休ませるようにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

健保から10月は目の健康についての案内

10月10日と言いますと、以前は体育の日となっていました。日本で初めて行われたオリンピックの開会式の日だったとのことです。開会式は晴れが良いとのことで、この日が選ばれたとのことです。前日には雨が降っていたそうですが、当日は快晴でした。無事開会式を晴天のもとで行えたのです。今は体育の日は10月の第二月曜日になってしまっています。次にオリンピックが行われる日においては、またなにか記念の日が設定されるかもしれません。

10月10日は、他にも設定がされています。これは見た目になるでしょう。1の部分が眉毛、0部分が目のように見えなくもありません。目が2つ並んでいることで、目の愛護デーとして知られています。健保において、めの愛護デーに合わせて、目の健康に気をつけましょうとのお知らせがありました。昔に比べると、目を酷使することが多くなっているように思います。パソコンを始め、携帯電話やスマートフォンは目を酷使する原因になっています。

どういったことに気をつけるかですが、目を適度に休ませるようにすることがあります。パソコンで作業をするなら、1時間おきに10分ほど目を休ませる時間を作ります。まぶたを閉じて光を入れないようにする、まばたきをゆっくりする、遠くを見るなども適度な刺激になって良いと言われています。食事などに気をつけることも言われています。目に良いものとしては、アントシアニンがあります。ブルーベリー関連の物が良いと言われています。
Copyright (C)2021健康を維持するための健保の意義とは.All rights reserved.