健康を維持するための健保の意義とは

健保から季節の変わり目の健康管理についての話がありました。寒暖の差が激しい季節なので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

健保から季節の変わり目の健康管理についてのお知らせ

夏や冬は非常に暑かったり、寒かったりします。もちろんそれらの季節も体調を崩しやすいのですが、意外な季節にも崩しやすいと言われます。それが春であったり秋です。夏よりも涼しく、冬よりも温かいです。服装なども中間のものを利用できて、エアコンを付けない日も多いと思います。確かに日中などは過ごしやすいのですが、朝と昼、夜の寒暖の差が激しくなることがあります。朝に20度、昼に30度になり、夜に15度ぐらいまで下がることがあります。

健保殻、季節の変わり目においては、健康管理に気をつけるようにとのお知らせがありました。秋などはスポーツの秋、読書の秋などで、楽しむことが増えるのですが、油断していると、体調管理ができなくなります。一番のポイントは服装になると思います。昼に30度を超えるとなると、夏と同じような格好になりがちです。しかし、朝や夜はそれでは寒く感じることがあります。一枚余計に羽織るものをもっておくことで対応できることがあります。

近年の秋に関しては、温暖化、猛暑の影響からか、残暑が続くことがあります。残暑が続いて暑いと思っている中で、急に冬のような寒さになることがあります。体に関しては、徐々に冬に向けての準備をしていきます。体を温めて、血行を促すようにするのです。首元、手首、足首などを温めるようにすると良いと言われます。首元は薄手のスカーフなどを重ねたりすることで、体温調整をすることができます。手首は重ねたりすればよいでしょう。
Copyright (C)2021健康を維持するための健保の意義とは.All rights reserved.